fbpx

高級感・開放感を感じるフルハイトドア

NEWS BLOG
高級感・開放感を感じるフルハイトドア

こんにちは!

≪アウトドアハウスをもっと身近に。≫「ディテール・ベース」の佐藤です。

皆さん、お家造りを進められていく中で、どんなことにこだわっていますか?

●かわいいアクセントクロス?
●素敵なタイルの洗面化粧台?
●かっこいい間接照明?

ドアについて考えられる方は少ないかもしれません。

今回は、忘れられがちな「ドア」についてお話ししていきます!

 

■ドアの種類は?

ドアの開き方は
・開き戸
・引き戸
・折れ戸
に分けられます。

開き戸が最も一般的に使用されているものになります。

3つの中で比較的安価のものが多いため、採用しやすい商品が多いです。

ですが、開閉する際のスペースの確保や、開き勝手によってスイッチの位置などは注意が必要です。

引き戸は、開き戸に比べて少ない力で、開閉することができます。

開き戸よりも開閉スペースの確保はひつようありません。

その反面、引き戸側に物をおくことができなかったり、間取りによっては引き戸を採用できない場合もあります。

折れ戸は、主にクローゼットなどの収納部分に使用されます。

 

■フルハイトドアとは?

フルハイトドアとは、その名の通り、床から天井までの背の高いドアのことを指しています!

一般的に使用されているドアは、2mのサイズになります。

↓一般的なドアはこちら

画像左側のドアの天井から壁がおりてきているのが見てわかります。

こちらがよく見慣れたドアだと思います。

↓こちらがフルハイトドアになります。

ドアの大きさが、床から天井までの2.4mの高さなので、天井から壁が下りてこない分、とってもすっきりした印象に感じられます。

 

分かりやすい画像で比較してみましょう!

上の2つの画像の右側、和室に注目して見てください。

上の画像は、下がり壁がおりているのに対して、
下の画像が、下がり壁がない分、開放的な空間に感じます。

フルハイトドアの最大の特徴は「高級感」

そしてなによりも、視線の抜け

ご覧いただいた写真のように、ドアの高さによって、演出できる空間の雰囲気も大きく変わってきます。

是非、好みの空間とドアについても考えてみてください。

より素敵なお家になると思います!✨

 

■DETAIL BASEの標準ドアは?

DETAIL BASEはフルハイトドアを全室標準採用しております!

より高級感・開放感を感じるモデルハウスに是非足を運んでみてください。

来場予約はこちら

 

企画住宅(アウトドアハウス)をお探しの方へ

最高の家時間を作るにはどうしたらいいだろう。

ならばアウトドアハウスがいい。

アウトドアハウスをもっと簡単にするために【6DOORS】6つのドアーズをご用意しました。

また、お客様のこだわりやライフスタイルに合わせて、その場で概算金額をお見積りいただけるようになっています。

企画住宅(アウトドアハウス)をお考えの方は、ぜひ資料請求をしてみてください。

新潟のアウトドアハウスをもっと身近に。「ディテール・ベース」


公開・シェアされているシミュレーションの人気ハウスです。
あなたのお気に入りも見つけられるかも。