fbpx

『企画住宅』「規格住宅」って実際どうなの?

BLOG
『企画住宅』「規格住宅」って実際どうなの?

 

こんにちは。

≪アウトドアハウスをもっと身近に。≫「ディテール・ベース」の村越です。

 

“キカク住宅”って聞くけど、そもそも「規格住宅」と『企画住宅』って何が違うの?と思う方も多いのではないでしょうか。

「規格住宅」とは間取りや設備、仕様をあらかじめ規格化している住宅のことです。

『企画住宅』と表現することもありますが、ディテール・ベースでは、『企画住宅』は住宅を規格化するだけではなく、明確なコンセプトを持った企画という意味でこちらの『企画』を使っています。

今回はそんな『企画住宅』について、説明させていただきます。

企画住宅のメリット・デメリットは?

■メリット

□料金が明確!

注文住宅は間取りや設備を自由に選択ができることが多いのですが、打合せが終わるまで「料金がいくらになるのかわからない」なんてことがあります。

その点、企画住宅は最初から間取りや設備が決まっているため、資金計画が明確になっております。

□完成形がイメージしやすい!

自由設計は建てる方に合わせて一から間取りを作成するため、自由度が高い代わりに完成するまで建物がどのようになるのかがイメージしにくい。

企画住宅は間取りが決まっているため、完成形を実際に見ることが可能で、明確なイメージをすることができます。

□高性能をお手ごろに

これは間取りを規格化することで、耐震等級を3にするための計算を省くことができます。

そのためコストパフォーマンスが高くなります。

また工事するうえでも規格化されたことで問題なく工事を進めやすくなります。

□建物以外に費用をかけられる

・建築コストを抑えることにより土地に費用がかけられる
・外構をこだわることができる
・家具家電のランクアップ!
・家族での旅行…etc

最高のお家を建てるだけではなく、豊かな生活環境を整えるために建物以外にも費用をかけることで「家が最高」を引き立てるのではないでしょうか。

■デメリット

□間取りが決まっている

いくつかの間取りが用意されていることはありますが、間取りを自由に変更ができないためオリジナリティは減少します。

□何でもは使えない

注文住宅であれば使う設備など自由に選択できることが多いですが、規格住宅では使えるものも指定されている場合があります。

スムーズな施工をするために間取りにかかわらなくとも制限がかかってしまう場合があります。

□土地の形状が決まってしまう

これも間取りが決まっている規格住宅だと建物の形、大きさも決まっているので、それが入る土地を選ばなければならなくなります。

自由設計であれば、三角地などの変形地でも自由に建物設計できるので土地の選択幅は広がります。

企画住宅はどんな人でも建てられるというわけではなく、土地の条件や間取りの好みが一致した方におすすめなお家です。

予算は抑えたいけど性能はこだわりたいという方はぜひ企画住宅も検討してみてください!

この土地に企画住宅は建てられるの?などお気軽にご相談いただけると幸いです。

予約制のモデルハウスのご用意もございますので、ご興味のある方は一度、モデルハウスまで足を運んでみてください。

来場予約はこちら

 

企画住宅(アウトドアハウス)をお探しの方へ

最高の家時間を作るにはどうしたらいいだろう。

ならばアウトドアハウスがいい。

アウトドアハウスをもっと簡単にするために【6DOORS】6つのドアーズをご用意しました。

また、お客様のこだわりやライフスタイルに合わせて、その場で概算金額をお見積りいただけるようになっています。

企画住宅(アウトドアハウス)をお考えの方は、ぜひ資料請求をしてみてください。

新潟のアウトドアハウスをもっと身近に。「ディテール・ベース」


公開・シェアされているシミュレーションの人気ハウスです。
あなたのお気に入りも見つけられるかも。